カードローンに関する法律はいくつかありますが、利用する上で知っておきたいのが利息制限法と総量規制です。利息制限法とは、カードローンで定めることのできる利率の上限を明言している法律で、借入額によって異なります。具体的には、カードローンの借り入れが10万円未満ならば20%、それ以上で100万円未満の借り入れの場合は18%、100万円以上の借り入れの場合は15%という年利になっています。これ以上の利率を設定しているカードローンは違法となり、何年も前から高利で借りている人は利息の引きなおし計算をすることで、過払い金を請求できることもあります。
一方、総量規制とは、カードローンの利用者に対して、年収の3分の一以上の貸し付けを行ってはいけないという制限を設けた法律です。これは借り入れ総額が対象となり、一社ごとではありませんので、他社で借り入れをしている人は、今後どこの業者でも借りられなくなる可能性があります。但し、銀行は総量規制の対象外となっていますので、既に上限まで業者から借りている人であっても審査に通れば融資を受けられますし、おまとめローンや不動産担保ローンなど、一部のローンも例外となっています