一般的にローンというと、借入をする時点で返済方法やその回数、金利などを取り決めます。

そして、約束通りに返済をしていくことによって、決められた期間で完済をすることができます。
繰り上げ返済をすることもありますから、決められた期間までには完済することになるでしょう。
通常のローンではこのようにして、利用する期間を決定することが多いのです。
カードローンはこれとは違っていて、契約期間というものはありません。
借りればいつまでに返済をしなければならないというわけではないのです。
月々の返済金額は決まっていますから、それは返済をしていくことが必要となってくるのですが、だからといっていつまでに完済しなければならないという契約は、カードローンでは結ばないのが一般的です。
カードローンの返済は月々行わなければなりませんが、残金が残っているときに、新たにカードローンでお金を借りることもできます。
完済をしなければ新たに借入ができないというわけではないのです。

この点が一般的なローンとの大きな違いだと言えるでしょう。
むしろ、カードローンはこのように作られていますから、返済方法も残高によって決定される方法などをとっていて、わかりやすくなっています。